火葬だけの葬送に必要な手続きとは? キリスト教

火葬だけの葬送に必要な手続きとは? キリスト教

関係者の方々で棺に納めることを致します。
火葬場に行って、故人をお送りします。

キリスト教葬儀サポートセンターの火葬式は、
お通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行います。
内容はコンパクトですが、牧師が寄り添い、
故人さまへの感謝の気持ちを込めた質の高いものをご用意いたしています。
(http://キリスト教葬儀.jp.net/費用/キリスト教葬儀_火葬.html)

牧師が皆さまを道案内します。
故人の生涯に思いを巡らしながら、祈祷を捧げるようにします。
神父が相応しい聖書の聖句を告げ知らせます。

故人をお見送りして、追悼します。
キリスト者葬礼支援センターの直葬はお通夜をやりません。
内容は短いですが、奉仕者が隣人愛の精神で提供します。

火葬の手続き

真っ先にキリスト者葬送支援受付に連絡してくださいますように。
召された所に車にて運びに伺います。

それから、遺族の皆さまと棺に納めることをします。
葬儀場に移動して、亡き人をお別れします。

パスターが関係者をお導きします。
息を引き取った生かされた日々に感謝しながら、お祈りをするようにします。

パスターが的確な聖書の言葉を宣告します。
故人を見届けて、語り合います。

基督教葬式相談センターの火葬式は御通夜を削除します。

カテゴリー: 火葬 タグ: パーマリンク